• 強気に交渉しても嫌われないための秘訣

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    私の交渉術ワークショップでよく聞く不安の一つに、自分の要求を明確にして強気に交渉しつつ、良好な関係やオープンな対話を保って相手を敵に回さないという、一見相反する2つの目標にどう折り合いをつけるか、という疑問がある。給与や昇進、働き方についてなどの交渉の実例を見てきたが、関係を壊すまで激しく交渉する人 ...

  • テスラが買収の独企業CEOが退任、理由はマスクの「過剰な要求」か

    Joann Muller , FORBES STAFF

    自動車ビジネスを変えようとする電気自動車(EV)メーカー、米テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の厳しい要求が、パートナー企業のトップをまたしても退任に追い込んだようだ。この一件は、テスラにとって何より重要な年内の「モデル3」発売を危険にさらしていた可能性もある。ロイターが4 ...

  • 海外旅行で超便利な「グーグルマップ」のタイムライン機能

    Anthony Karcz , CONTRIBUTOR

    多くのスマホユーザーはあまり意識していないがグーグルの「グーグルマップ」アプリは過去に訪れた場所や日時、移動に用いたルートの全てを記録している。iPhone上でグーグルのロケーションサービスをオンにしていれば、行動履歴の全てが蓄積されている。そこで気になるのは一体どのくらい、グーグルはあなたの行動を ...

  • 笑わない米ミレニアル世代、「歯の問題」は就職にも影響

    Diana Hembree , Contributor

    笑顔を見せないミレニアル世代の人がいたら、それにはそれなりの理由があるのかもしれない。米国歯科医師会(ADA)の調査結果によると、米国の「笑わない」若者たちは、“苦痛の世界”に生きているという。歯の痛みだけでなく、歯の状態が悪いことによる不安も抱えているのだ。ADAによれば、 ...

  • ザッカーバーグ夫妻、「論文共有」による科学研究の加速を支援

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグと妻で医師のプリシラ・チャンが慈善活動を目的に設立した有限責任会社(LLC)「チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブ(Chan Zuckerberg Initiative、CZI)」が、研究者らが科学誌に投稿前の論文を共有するための「bioRxiv(バイオア ...

  • アンダーアーマー、上場後初の最終赤字 北米市場に不安

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    スポーツ用品大手アンダーアーマーは今年第1四半期(1~3月期)の業績について、投資家らを不安にさせる多くの問題を抱えていた。2016年末には、ケビン・プランク最高経営責任者(CEO)がそれまでの好調な業績の伸びを維持することはできないと発言。今年2月には、同CEOがトランプ政権への支持を示したことで ...

  • 日本市場を駆け上がる、フットウェア界の新星「KEEN」の戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2003年、爪先を守るトゥ・プロテクション機能を備えた水陸両用サンダルでデビューした、米国ポートランドに本拠を構えるアウトドア・フットウェア・ブランド「KEEN(キーン)」。創業者がヨットで足を怪我した経験から、「サンダルはつま先を守ることはできないのか」という疑問を基に誕生した、「コロンブスの卵」 ...

  • 脱「一発屋」狙うGoProが好決算 中国と欧州でカメラ製品好調

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    黒字化に向けて奮闘中のGoProが最新の決算で売上の伸びを報告した。4月27日の時間外取引で、GoProの株価は5%の上昇となった。今年第1四半期の売上は19%増の2億1860万ドル(243億円)で、アナリスト予測の2億790万ドルを上回った。GoProの売上の約3分の2は米国外からで、特にアクショ ...

  • できる男が夏に純国産スーツに着替える理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    高温多湿な日本の夏をどう乗り切るか。働くビジネスマンにとって死活問題だ。 クールビズ提唱の10年前、この問題に取り組んだ「ダーバン」のスーツが、今年、20周年を迎える。クールビズの先駆けとなったスーツクールビズは、2005年、小泉内閣のときに環境大臣であった現東京都知事 ...

  • フェイクニュース運営者が一挙登壇 彼らの「動機、カネ、急所」

    志村 一隆 , CONTRIBUTOR

    「This keynote is fake news」。そんなメッセージが大きなスクリーンが掲げられている。3月14日、米テキサス州オースティンで開催された音楽やIT、それにアートなどの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)の一幕、「フェイクニュース」のセッションには、500人以上集まっていた ...